紐付き脚側行進

 


画像を読み込むまで少し時間がかかります

[競技方法」
 コの字型30mのコースのスタート位置で犬を脚側停座の位置につけます。スチュワードの合図と共に、「アトエ」の掛け声をかけて常歩(普通に歩く速度)で、常に犬を左の脚側の位置につけて歩きます。コの字のコースの終点にきたら、Uターンして同じコースを帰りは速歩(駆け足)で犬を左の脚側につけてスタート位置に戻ります。スタート位置に戻ったら、犬を脚側停座の位置につけて終わります。ただし、CD1の科目では帰りも常歩で戻ります。

 まだ犬が脚側行進に慣れていない場合には、スタートの時、コの字の角、終点の各場所で「アトエ」の声付と軽く指導手は自分の脚側をたたく視付を入れた方が良いかもしれません。この3カ所の声符に関しては減点にはなりません。それ以外の場所での声視符は減点になりますが、最初はきっちりと脚側について歩けることが重要です。帰りの速歩で犬が速歩についてこれないようであれば指導手の足踏みの回数を多くして速歩に見せるという手もあります(減点かもしれませんが...)。紐を持つ手は右手でも左手でも構いません。

[減点を少なくするためには」

Ads by TOK2