目次へ 戻る 49/57 次へ

皿山遠景・III 雨情節や古賀メロディ
水害の年にご当地ソング
カット: 柴田コレクションから
有田町のご当地ソングといえば「有田皿山節」と「チロリン節」です。先にできたのが「有田皿山節」で、詩人*野口雨情が戦前に作った詞に、佐世保市の音楽家で宝塚歌劇団の楽士などをした土井末義が曲をつけたものです。昭和31年4月22日に有田商工会議所で披露されました。最初は「有田音頭」という題名でしたが、その後、「チロリン節」に有田音頭という副題が付いたので、混同を避けるため皿山節となったようです。

雨情は、ご存じのように「船頭小唄」の作詞者です。「おれは河原の枯れすすき」の歌詞は、中山晋平ぶしの哀切なメロディに乗って、大正から昭和にかけて大ヒットし、日本流行歌の最初のパターンとなりました。

雨情はまた全国を旅し、各地に大衆歌謡の原詞を残しています。佐賀県にも、有田のほか鹿島市の「鹿島節」、呼子町の「望夫石」、唐津市の「唐津小唄」などを作っています。
雨情が有田をいつ訪れたかはよく分かりません。昭和14年から18年の間とみられます。そのとき雨情は「皿山節」の五連の歌詞を一連ずつ別々に揮毫して町の関係者に贈っています。その一枚を当時の町職員で雨情の道案内をした福田清隆(上幸平)がもらい、後に有田商工会議所に寄贈しています。また別の一枚は当時の町長で中樽の別荘を雨情の宿に提供した青木幸平に贈られています。

有田は歌や踊りが盛んな土地柄で、中でも指に二枚の皿を挟んで打ち鳴らす皿踊りは焼き物の町独特です。「有田皿山節」もその伴奉曲になり、地名も一般に「皿おどり」と呼ぶようになっていたのが、46年に全国民謡指導者連絡協議会の課題曲になって輪踊りの振付ができてから一層普及しました。祭や運動会の余興の定番で、女性の宴席もこれが出ないとお開きにならないほどです。

「チロリン節」の制作は有田焼創業350周年の記念事業として企画されました。詞西沢爽、曲古賀政男、歌美空ひばりという顔ぶれは当時のベストメンバーです。猿若清万の振付になる踊りもつき、42年10月17日の夜、有田工業高校の校庭で盛大な発表会が催されました。照明の下、この年の産業祭の当番町だった4区の踊り隊や婦人会員たちがそろい浴衣で、ひばりの歌に合わせて踊りました。ひばりが音頭をレコードに吹き込んだのはこれ一つだそうで、希少価値もあります。

たまたまのことですが、これらのご当地ソングが発表された31年と42年は、町が大水害に見舞われた年に当たりました。
二つの歌と踊りは、沈みがちな町民を元気づける応援歌にもなりました。
(金子いづみ)
写真: おくんちでの皿踊り
▲おくんちでの皿踊り

写真: 野口雨情染筆の扇面
陶山神社は 蓮華石山を(の) 裏に桜の咲くところ ▲野口雨情染筆の扇面(有田商工会議所蔵)
写真: 野口雨情染筆の掛軸
見せてやりたい他国の人に 有田石場は(の)野(露)天堀り ▲ 野口雨情染筆の掛軸(南原・青木家蔵)
*野口雨情
1882〜1945(明治15〜昭和20)
詩人。本名英吉。茨城県多賀郡磯原村(北茨城市)の生まれ。明治34年、東京専門学校(早稲田大学)に入学、翌年中退。この年から「小天地」「労働世界」などに詩を発表、社会主義詩人児玉花外の影響を受ける。また在学中に坪内逍遙に師事し、明治40年、小川未明、三木露風らと早稲田詩社を創立した。大正中期の児童文学運動に参加し、「船頭小唄」「波浮の港」といった土着的哀愁の豊かな創作民謡、「十五夜お月さん」「青い目の人形」「証城寺の狸囃子」などの童謡を作った。詩集に「都会と田園」「枯草」「別後」「赤い月夜」などがある。

*有田皿山節
ハアー
有田よいとこ弁天公孫樹(いちょう)
<アヤットサノサ>
空に黄金の葉を散らす(葉を敏らす)
(以下はやし言葉略)
ハアー
年に一度は有田の街に
七日七夜の市が立つ(市が立つ)
ハアー
見せてやりたい他国の人に
有田石場の露天掘り(露天掘り)
ハアー
胸の思いと有田の窯は
消してくれなきゃ燃えつづく(燃えつづく)
「ハアー
陶山神社は蓮華石山(れんげしやま)の
裏に桜の咲くところ(咲くところ)

チロリン節
1 ハア
有田皿山ヨイショチロリント
どこから明けるヨソラアケルヨ
窯の炎で夜が明ける
 技をみがいて四百年の
 アソレ意気が燃え立つ
 ネチョイト有田焼
 グイチョグクイチョと
 有田へござれ
 有田チロリン皿の音〜
 チロリン〜
2 ハア
白い素肌にヨイショチロリント
一筆染めてヨソラ染めてヨ
胸のおもいを色にだす
花の赤絵に頬ずりすれば
可愛いダミ娘のネチョイト
 声がする
3 ハア
呉須の山々ヨイショチロリント
赤絵の桜ヨソラ桜ヨ
窯のけむりがぼかし染
 有田うれしや銀杏の木さえ
 空に寿の字のネチョイト
 枝を張る
4 ハア
陶器市にはヨイショチロリント
手拍子いらぬヨソラいらぬヨ
皿のひびきが音頭とる
 鐘ケ江三兵衛さんに見せたいものは
 有田繁昌のネチョイト
 人の波

ハア
大蛇七巻きヨイショチロリント
黒髪山もヨソラ黒髪もヨ
今はおしゃれな水鏡
 伸びるバイパスあの尾根越える
 有田世界のネチョイト
 海越える

目次へ 戻る 49/57 次へ
Ads by TOK2